バカ親とクソガキは消滅して欲しい

夜中の3時50分。
地鳴りみたいのが聞こえて目が覚めた!!!
やっぱし地震。
・・・とは言え、揺れはとっても小さかったんだけどね。
だけど気になって、震源地が発表されるまでケータイでチェックしてたら・・・。
うわあ・・・ほとんど、ここらへん直下やん!

気持ち悪いなあ・・・って思いながら、再び寝ようと思った時。
私が起きたから、猫達も目を覚ましてたのだけど、なっちゃんがトコトコやって来た。
なんだか不安になったらしい・・・。
私のお布団に入ってきたのを、ナデナデしながら右腕を腕枕にして寝んね。
よーやく寝たと思ったら、今度は風ちゃんがやって来た!
私の右側を「あけて~あけて~!」と右手ニクキュウでペシペシします。
・・・風ちゃん・・・もう先客が居るのよぉ・・・。
布団をちょっとめくって、なっちゃんを見せたらば・・・。
・・・風ちゃん、一声怒って去ってった(涙)
うーん・・・風ちゃん・・・なんで左側じゃアカンの?


さて・・・。
今日、私は本当に腹が立ちました!
言葉悪くても、あえて「クソガキ」と書かせていただきます。

午前中の仕事で、塗装作業に行ってたのですよ。
塗装は、古い塗装を削り落として、お掃除して、それから塗装です。
もくもくと作業してたのだけど・・・。

その現場は細い道路沿い。
その道路を挟んで向かい側に、まだ新しい、住宅地があるのです。
今までの経験上、個性のない新しい住宅地って、バカ親率が高いと思うのです。
案の定、そこはガキの楽園。
道路上はチョークの落書きだらけ!・・・公道にも書くか?普通・・・。

そんでもって、作業中もギャーギャーと五月蝿いことこの上ないガキだらけ。
それでもまあ、日曜だし、元気に外で遊ぶ子供だから、大目に見ますよ私も。

ところが・・・。

ペンキ塗りを始めた途端
「くさーい!」
外で遊んでた子供らのなかでも、一番声がキンキンして五月蝿い女の子が叫んだのです。
ま、ペンキは臭いから、それも言われてもまあ仕方ない部分はありますからね。
「ああ、ごめんよ、すぐ終わるから」と、じょんが言いましたよ。

そうしたら・・・。

「すぐっていったのに!もう「いちじかん」たったよ!」
と叫びだした・・・。
一緒に遊んでた男の子が
「まだ1分くらいしか経ってないよ」
とか
「お仕事してるんだよ」
とか言ってくれてたけど、そのガキは、どうやら自分が中心で生きてるらしい。

何度も何度も
「すぐっていったのに!」とくりかえす!
そんでもって、じょんを「おじちゃん」と言うのはまだ許せるが、じょんの頭髪が薄いことまで言いまくる!
そんでもって、私にむかって、
「おばーちゃん」
と言いやがった!

また一緒にいた男の子が「おばあちゃんじゃないよ、おばちゃんだよ」と言ってたが、そのクソガキはここでも全く聞きゃしない。

塗装は細かい部分が多かったから、集中力も必要です。
だから余計に、そのガキのキンキン声が、どうにもガマンならんかった!
ノウミソに刺さるくらいの不愉快なキンキン声なんだもん!

だいたい、見ず知らずの他人に向かって「おばーちゃん」なんて、普通言う!?
3歳4歳の女の子が!
以前、常連さんちの女の子が、ふざけて私を「ばーちゃん」って言ったことがあったけど、その時はお母さんがすぐに叱って「あやまりなさい!」って言ってた。
私にも「今度そんな事いったら、ひっぱたいて下さい」って言ってた。

だけど、今日のクソガキの親はきっと違う反応するんだろうなと思う。
子供を見れば親が見える。
その子供、まだ幼稚園くらいの女の子なのに、既に人を見下す目をして、命令口調で話すクセがついてた。
とにかく自分の主張が優先されないと気がすまないんだろう。
遊びの途中、何か気に入らなかったんだろうけど、ギャンギャン大声で泣きながら家に消えてったわ。

もう、本当に腹が立ちました。
大人の仕事を邪魔する。
初対面の他人を外見でけなす。
思い通りにならなきゃ叫びまくる。
それでもダメなら泣きまくる。
・・・きっと親が普段からそんな事してる人種なんだろうな。

どうやら家にはそのクソガキの両親は居たっぽい。
ずっとヘタクソなピアノも聞こえて耳障りだったんだけど、それが子供の母親っぽかった。
クソガキが「ママ!うるさい!」っつーて叫んだらピアノの音が止んだもん。
一番五月蝿いのはお前じゃ!と思ったけどな。
親も、そこで叱らないからすごいわ・・・間違ってるとか思わないんだねぇ・・・。
クソガキの名前がまた、私の大嫌いな名前だったから笑える。

もしも、自分の家の近くに、あんなクソガキが住んでたら・・・。
絶対ガマン出来ません。
何がなんでも私は引っ越しします!

何言ってるのぉ~♪子供なんだから大目に見なきゃぁ~♪
なんて言える人は、私はトモダチには絶対なれません。


怖いのは・・・。

今住んでる借家の周りが、子持ちだらけになってきたからなあ・・・。
まだ今はカワイイもんだけど・・・。
それでも、ママ達が集まってると、非常に居心地が悪い。
「産んでない女」ってだけで差別されるからな。

それにしても・・・。

あんなクソガキが育ったら、どんだけ自己中心的なバカ女に育つんだろう・・・。
おそろしい・・・。


そんで極めつけ。

なんとかクソガキの攻撃に耐えて作業終わらせて、お客さんに確認もしてもらって、次の仕事に向かってたら・・・。
塗りが甘いところがあるってクレームのTELがきた・・・。
塗装でそんなクレームは初めてです・・・。

勿論、仕事なんだから言い訳は出来ません。
だけど、あのクソガキが居なかったら・・・と思わずにも居られません。

数分おきに
「くさい!」「まだおわらないの!」「くさい!」「ハゲ!」「ばーちゃん!」
って言われるのは、拷問ですよ。
思わず何度か、そのクソガキをペンキで塗りたくなったもん。
ペンキ勿体無いからやらんけど。

もしも、その周辺の仕事が入ったら、もう二度と休日には行かない!
平日の昼間に限りますな。


・・・というワケで・・・。

私の「クソガキ嫌い」と「バカ親嫌い」に磨きがかかった1日になりました。
本当に・・・あんなに可愛くないガキは見たことないわ!
b0054904_2259652.jpg
あのガキに比べたら、スミレの方が10000倍お利口です。
トラックバックURL : http://himanyan.exblog.jp/tb/19433565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 餃子 at 2012-11-08 01:46 x
馬鹿親ネタからこちらへ飛んできました。

そんな事があったのですね。

てか、ふるちゃん、えらいよ!よくぞ堪えたと思う。

その糞ガキさんは甘やかされ続けて育ってるんでしょうね。。

どんな大人になるんだろ。。 末恐ろしいですね。。

うちの近所のガキらもろくに挨拶もしないし、したってあごつきだすだけとか、何かやってあげても、「どうも」の一言だし、なんだかなぁ。

もし自分が親になったら絶対こんなふうには育てまい!といつも自分に言い聞かせながら、のどまででかかってる言葉を飲み込んでます。
Commented by ふる at 2012-11-08 20:58 x
●>餃子さん     
私の40数年の間に出会ったクソガキの中でNO.1のクソガキでしたよ(苦笑)
ほんとに酷かったです!!!
常に叫ぶように喋るし、遊び仲間に対しても高圧的。
遊んでる声が聞こえるだけでもうんざりでした。

そーいや、日記には書かなかったけど、そのガマンの塗装作業中、ペンキで汚さない様に新聞紙を広げてたら、広げたページにバカナコの写真だったので、また更にゲッソリしたんです。クソガキのキンキン声でムカムカもしてたので、バカナコの顔をペンキで塗りつぶしましたよ(苦笑)
Commented by kkk at 2016-08-21 19:33 x
その気持ちわかります。
今日、喫茶店で食事をしてきたら意味もなく3~4歳時に変なチョッカイをかけられました。
「ブーッ!ぶーっ!」と叫びながらこっちを向いてくるのです。
気付かないふりをしていましたが、本心は助走つけてぶん殴りたい気持ちでした。
親もちゃんとしろよ。

4年前の記事へのコメント失礼&お邪魔しました。
Commented by pina-meo at 2016-08-21 21:53
●>KKKさん     
コメントありがとうございます。
昼食でファミレスや喫茶店などに入ると、野放しの子供が本当に多くなりました。
親は全く注意せず、タバコふかしてギャハハハ笑ってたりすると、本当にイライラします。
by pina-meo | 2012-11-04 22:04 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(4)